石川県でカラダの不調で悩む人を減らして、笑顔を増やすお手伝いをします

バネ指は注射を打っても治らない?バネ指の原因は筋膜にあった!

肩 祥平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
肩 祥平
理学療法士の国家資格を保有しております。『筋膜マニュピレーション®︎』の国際コースを2018年9月に全て修了しています。2019年4月には筋膜の解剖のために、一週間渡米します。日々アップデートする筋膜の知識・筋膜調整の技術で北陸の人の笑顔を増やしていきます!

指を曲げたり、伸ばしたりするときにひっかかって、痛いんです。もう、長いからバネ指に関しては諦めています。

バネ指に悩むAさん

 

生活する上で指を使わない日はないですし、指の曲げ伸ばしで痛みがあるとつらいですよね。

 

その痛みを和らげるために、病院に行くと以下のような治療が提案されます。

 

  • 安静
  • 腱鞘内ステロイド注射
  • 手術療法

日本整形外科学会のHPにも推奨されていますし、全国どこの病院に行っても同じような治療かもしれませんね。

 

引用元 日本整形外科学会 症状・病気を調べる ばね指(弾発指) アクセス日2018/11/2

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/snapping_finger.html

 

でも、注射は打ってすぐは効くんだけど、すぐに効果がなくなってしまうんです。だから、定期的に注射を打ってます。

バネ指で悩むAさん

 

結局、バネ指に対しての注射って効果があまりないんではないんじゃないか…..

バネ指で悩むAさん

 

と感じている方が多いようです。

 

では、なぜバネ指に対しては注射の効果があまりないのでしょうか?

 

それは、バネ指の原因が指の近くではなく、指から離れた別の場所にあるからかもしれません。なので、指に注射をしても効果が少ないのかもしれませんね。

 

私の経験上、バネ指は指だけでなく、肘や肩など少し離れた筋膜に問題があることが多いです!

 

うーん…..指が痛いのに、肘や肩の筋膜が原因なんですか?

バネ指で悩むAさん

 

よし!では、バネ指で悩むAさんのために、バネ指の本当の原因と、筋膜の関係について説明していきます!

 

バネ指の原因

バネ指は更年期の女性に多く生じます。

 

傾向としては手の指を多く使うお仕事をされている方が多いです。

女性は仕事だけでなく、家事もされている方がほとんどだと思いますで、日常生活で指を使うことが多くなりますね。

 

引用元 :公益社団法人日本整形外科学会  ばね指(弾発指)

(アクセス日 2018/1/1)https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/snapping_finger.html

▲図のように指を使いすぎると、指の腱が炎症を起こし太くなってしまい、その腱の周りを囲んでいるトンネルのような腱鞘という部分で引っかかってしまいます。

これが、一般的に言われているバネ指の原因です。

 

バネ指に対して、注射の効果が少ない理由

そんなに指を使いすぎているのかな?まぁ、指をストレッチしたりマッサージしたりすれば良くなるんでしょ?

バネ指で悩むAさん

 

いえ、それだけではバネ指が良くなると言えません!

 

もし、指のストレッチとマッサージでよくなるのであれば注射を打つことで良くなるはずですよね?

 

そっか….注射あんまり効果がなかったもんね……

バネ指で悩むAさん

 

本当に指の使い過ぎで炎症が起きて指の腱が太くなっているのであれば、注射を打って少しの期間安静にすればバネ指は良くなると思います。

 

バネ指に対して注射を打っても効果が少ない理由は、指の腱が太くなる本当の原因を治療できていないからなんです。

 

バネ指の本当の原因

指の腱が太くなるから、腱鞘というトンネルをくぐるとき引っかかるのがバネ指の原因です。

 

では、腱が太くなる原因はなんだと思いますか?

 

もったいぶらずに教えてください!

バネ指で悩むAさん

 

指の腱が太くなる理由は、前腕や肘、肩、胸回りの筋膜の硬さです!

 

なんで、筋膜の硬さが指の腱が太くなることに関係あるんですか?

ここに名前

 

▼筋膜は全身を覆うボディースーツのようなものです。前腕や肘、肩、胸回りの筋膜の硬さがあると、指の筋膜まで引っ張ってしまいます。

 

指の筋膜が引っ張られたまま指を使うことで、指の腱が太くなってしまいます。

 

▼このように、前腕や肘、肩、胸回りの筋膜がコっていると、指の筋膜まで引っ張られます。

引っかかる指だけ、注射したり、ストレッチやマッサージするだけではバネ指がよくなりませんよね。

 

それなら、私のバネ指をよくするには肩や腕のストレッチをすればいいんですか?

バネ指で悩むAさん

 

そうとも限りません!筋膜が硬くなる場所は習慣や生活によって違うんです!

 

どこの筋膜が硬くとバネ指になる?

バネ指の原因になる筋膜の硬さは人それぞれです。

 

その理由は筋膜が硬くなる原因が、人それぞれ異なるからなんです。

 

まず筋膜が硬くなる原因から説明しますね。

筋膜が硬くなる5つの原因

筋膜が硬くなる原因は▼の5つが考えられます。

 

筋膜が硬くなる原因

昔の怪我(捻挫や骨折など)

内科的な病気(腸炎や下痢など)

手術

ギブスやテーピングでの固定期間

使いすぎ

 

これらが筋膜が硬くなる原因です。

 

さらに▼筋膜が硬くなる例を紹介します。

 

 

筋膜が硬くなる例

捻挫を繰り返すスポーツ選手は足首周りの筋膜が硬くなることがあります。

膝の靭帯の手術をした人は、膝周りの筋膜が硬くなることがあります。

デスクワークをしている人は、肘や肩周りの筋膜が硬くなることがあります。

吐き気がずっとある人は、お腹周りの筋膜が硬くなることがあります。

 

 

筋膜が硬くなる原因・部位は人によって異なる

日々の生活様式や、習慣、過去の怪我をした場所や、現在の仕事やスポーツで使いすぎている部位も人によって異なります。

 

なので、筋膜が硬くなる原因、部位も人によって違うんです。

 

ですから、バネ指の原因となる筋膜の硬さも人によって変わってきます。

 

筋膜調整をする際は、問診に時間をとり、ひとりひとりの生活習慣や過去の怪我を丁寧にお聞きして、どこの筋膜が硬くなっているかを確認していきます。

 

バネ指を治すために、筋膜の硬さをどうすればいいの?

バネ指の原因と筋膜が硬くなる理由、そして人のよって硬くなる部位が違うことは分かりました!では、その筋膜の硬さをどうすればいいのですか?

バネ指で悩むAさん

 

筋膜調整で筋膜の硬さをとる必要があります!

筋膜調整とは

筋膜調整に関しては、一から説明しようと思うとかなり難しい話になってしまいます。

 

筋膜調整の内容を詳しく知りたい方はコチラ▶︎ 筋膜調整って何?

 

 

今回は、筋膜調整をより分かりやすくお伝えするために動画で説明します。

 

▼2分程度の動画です。是非ご覧ください!

硬くなってしまった筋膜に圧迫と摩擦を加え、熱を発生させてわざと炎症を起こします。

 

炎症が起きることで、筋膜を正常に戻して行きます。

 

動画で見るとわかりやすいですね!でも、圧迫と摩擦は痛そうですね……

バネ指で悩むAさん

 

施術中は確かに痛みが出ます。一度改善事例をみて考えてみませんか?

 

バネ指で指の曲げ伸ばしの痛みに悩む Aさんの改善事例

いろんな病院で注射を打っても治らず、バネ指に関しては諦めているという 80代の女性Aさん。

 

 

Aさん談

10年前くらいから少しづつ指を伸ばすときに引っかかるような感じがしてきました。

 

曲げることはできるので、指を曲げる練習をしているんですが、全然良くなりません。

 

注射もいろんな病院で打ったのですが、あまり効果がなくて。

 

最近は痛みと怖さがあるので、料理を作るのが億劫になってきました。

 

一人暮らしだから、これからも料理は自分で作っていきたい。

 

 

とのことでした。

注射を打ってもバネ指が治らなかったAさんの筋膜の状態

Aさんの筋膜の状態を確認させてもらうと……

指周りだけでなく、前腕、上腕、そして胸回りに筋膜が硬い部位がありました。

 

注射を打ってもバネ指が治らなかったAさんへの筋膜調整の結果

Aさんの硬くなっている筋膜に対して、筋膜調整を行いました。

▼筋膜調整の結果をご覧ください。

伸ばすときのひっかかりがなくなり、指の曲げ伸ばしがかなりスムーズになりました。

 

施術直後に比べ2-3日後にやや引っ掛かりが戻ってきましたが、1週間後に2回目の筋膜調整を行った後からはひっかかりはほとんどでなくなったようです。

 

Aさんもこれなら料理ができる!とおっしゃってくださいました。

 

Aさんのように指ではなく、少し離れた部分の筋膜調整をすることで、バネ指が改善することがあります。

 

注射を打っても、バネ指がなかなか治らないという方は、私に一度筋膜に硬さがないかチェックさせて頂きたいです!

 

まとめ

バネ指は指の腱太くなり、腱の周りのトンネルに引っかかってしまう病気です。

 

しかし、指周りのマッサージをしたり、注射を繰り替えし打ってもよくならないことが多いです。

 

なぜなら、腱が太くなる理由は指周りだけでなく、指から少し離れた筋膜の硬さが原因のこともあるからです。

 

私はバネ指に対して、原因と考えられる硬くなっている筋膜を探して、筋膜調整を行い筋膜の硬さをとっていきます。

 

マッサージでは治らなかったバネ指は筋膜調整を行うことで、よくなった方を何人も経験してきました。

 

注射を何度打っても治らない、マッサージをしても治らないという方は、一度筋膜調整をご検討下さい。

 

みなさんが「指を動かしても痛くない!」と言えるように、そして、その先にある生活までサポート致します。

 

お問い合わせ

些細なことでも構いません。身体の不調があれば、気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはコチラから▶︎お問い合わせフォーム

 

Line@の登録はコチラから▶︎Line@登録ページ

 

もしくは、▼こちらの画像をスクショしてLine@に登録してください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
肩 祥平
理学療法士の国家資格を保有しております。『筋膜マニュピレーション®︎』の国際コースを2018年9月に全て修了しています。2019年4月には筋膜の解剖のために、一週間渡米します。日々アップデートする筋膜の知識・筋膜調整の技術で北陸の人の笑顔を増やしていきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 理学療法士肩のカタログ , 2019 All Rights Reserved.