石川県でカラダの不調で悩む人を減らして、笑顔を増やすお手伝いをします

カラダの通知簿〜スポーツをする前に自分のカラダをチェックしませんか?〜

肩 祥平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
肩 祥平
理学療法士の国家資格を保有しております。『筋膜マニュピレーション®︎』の国際コースを2018年9月に全て修了しています。2019年4月には筋膜の解剖のために、一週間渡米します。日々アップデートする筋膜の知識・筋膜調整の技術で北陸の人の笑顔を増やしていきます!

肩が痛くてボールを投げれない。今はオフだからいいけど、春になったら投げれるか不安です…….

Aくん

腰が痛くてテニスができない….部活をずっと休んでます….

Bさん

 

私は普段、怪我や痛みで悩むアスリートの施術をする機会が多いです。その経験から気付いたことがあります。

 

それは、スポーツでの痛みや怪我の原因は痛い場所にあることが少ない!ということです。

 

でも野球で肘を痛めた時電気をかけたり、マッサージしてよくなったよ!

Aくん

 

Aくんのようにマッサージで良くなる人ももちろんいます。それは単純に、筋肉が張っているだけで、マッサージで筋肉が柔らかくなり痛みが減っただけだと思います。

 

ではスポーツの痛みや怪我の治療はマッサージだけで良いのでしょうか?

 

わかりやsy区説明するために、カラダを家に置き換えて考えてみましょう。

 

▼屋根に穴が空いていて、雨漏りでびしょびしょの床の家を想像してください。

みなさんなら自分の家がこんな状態になったらどうしますか?

▼床を拭くという人もいれば、屋根の修理を専門家にお願いするという人もいると思います。

でもよく考えてみてください。床を拭くだけでは、また雨が降ったら屋根から水が落ちてきて床が濡れてしまいますよね。

屋根を修理をして雨が降っても、水が落ちてこないようにしたほうがよいと思いませんか?

もう一度カラダで考えると、床を拭くのはその場しのぎのマッサージや電気治療で、屋根の修理が原因の治療ということです。

では、スポーツでの痛みがある、怪我をしている選手の本当の原因はどこにあるのでしょうか。

答えは、最初に少しお話ししたように痛い場所以外のカラダの使い方に原因があることが多いです。

Aくんで言えば、背骨の硬さ、股関節の硬さ、足首の硬さや、肩周りの筋力が弱くなることなどが原因でフォームが崩れて、肘に負担がかっていたのかもしれません。

 

スポーツでの怪我は痛いところを闇雲にマッサージしても、無理矢理フォーム修正してもよくなりません。カラダの使い方を変えていくことが、痛みや怪我を減らす1番の近道だと考えています!

 

▼これまでの話を図にまとめてみました。

 

カラダの使い方がちゃんとできているかってどうやったら分かるの?

Aくん

 

今回紹介する『カラダの通知簿』が、カラダの使い方のチェックするのに最適だと思います!

 

 

北陸のスポーツで怪我をする選手一人でも減らしたい!という思いで始めた『カラダの通知簿』についてお伝えします!

 

『カラダの通知簿』ってなに?

『カラダの通知簿』は北陸の様々な病院の理学療法士、作業療法士、鍼灸師、柔道整復師、スポーツトレーナー、医師からなるチームで実施するカラダの使い方のチェックのことです。

 

カラダに関わるいろんな職業の人が集まったチームなので、偏った知識でのチェックになることはありません。

 

また毎週水曜日にカラダの事に関する勉強会を開催し、メンバーみんなで学んでいます。このことによりチェックする人によって、採点基準が異なることもありません。

 

さらにメンバーに医師がいるのが心強いです!

 

では、『カラダの通知簿』を具体的に説明していきます!

 

『カラダの通知簿』で分かること

『カラダの通知簿』ではFMSという7つの基本動作のテストを行うことで、カラダを正しく動かすことができるか?柔軟性はあるか?安定性はあるか?といったカラダの使い方を評価します。1項目3点満点で、検査項目が7つなので合計21点でカラダの状態を採点します。

引用元 BODY BASICS FITNESS POST REHAB TRAINING (アクセス日 2018/12/26) http://www.bodybasicsfitness.net/post-rehab-training/

 

このテストは何点だったらいいんですか?

Aくん

 

14点が合格ラインと言われてるよ!

 

さらに、私たちは評価してた項目の点数に左右差が無いかを注意深く見ます。右は動きやすいけど、左は動きにくと怪我につながりやすいですからね。

 

FMSのポイント

研究でも諸説ありますが、まずは14点以上、かつ左右差が無い状態を『カラダの通知簿』では目指していきます。

 

『カラダの通知簿』でチェックする基本動作とは何か?

私はスポーツでの怪我の予防を考える際に、パフォーマンスピラミッドという図を使って考えることが多いです。このピラミッドの一番大事な土台となるのが基本動作です。

 

FMSでチェックする手を挙げたスクワットなどが、このピラミッドの土台となる基本動作です。

 

▼その基本動作の上に、パフォーマンスそしてスキルが積み上がっていきます。

 

パフォーマンス?スキル?言葉が少し難しいです……

Aくん

専門用語は

  • 基本動作 = カラダをしっかり動かすことができるか?カラダをうまく使えるか?
  • パフォーマンス = カラダを効率よく動かすことができるか?
  • スキル = 競技に合ったカラダの使い方ができるか?

このように言い換えることもできます!

 

基本動作のポイント

基本動作はカラダの使い方の土台です。

『カラダの通知簿』ではパフォーマンスピラミッドの土台となる基本動作に注目して、選手それぞれのカラダの使い方をチェックしていきます!

 

 

『カラダの通知簿』では痛みがあれば病院の受診を勧めることもあります。

カラダの使い方が苦手なのではなく、痛みのせいで基本動作ができない選手もいます。

 

その様な選手には個別のチェックを行い、必要であれば整形外科への受診を勧めることがあります。病院に関してもメンバーが所属する病院を紹介することも可能です。

 

『カラダの通知簿』は選手それぞれにあった運動も指導します!

『カラダの通知簿』はカラダの使い方をチェックして終わりではありません。選手それぞれに見つかったカラダの弱点を克服するため、左右差のある動きを修正するためのエクササイズをお伝えします。

チェックするだけでなく、どうやったら基本動作がうまくできるようになるかまでサポートするのが『カラダの通知簿』の特徴です!

えーでもエクササイズ覚えられるかな?

Aくん

安心してください!お伝えするエクササイズはすべてyoutubeにアップしてあります!

▼これは一例ですが、片足を挙げるテストが弱点だった選手にお伝えするエクササイズです。

一人でも正しいやり方でできるように、動画は文字と音声の解説付きです!

 

さらに、後日お渡しする冊子の『カラダの通知簿』にはyoutubeの動画をすぐ見れるようにQRコードをつけておきます。間違った方法で続けるエクササイズには百害あって一利なしです!

 

 

また効率的に弱点克服エクササイズを行って、少しでも練習時間を確保してほしいという思いで、このような動画サービスも行っています。

 

『カラダの通知簿』の運動指導
  • 選手一人一人のカラダの使い方を確認して、オーダメイドで弱点克服エクササイズをお伝えします。
  • 弱点克服エクササイズも解説き動画で簡単に復習できます!

 

『カラダの通知簿』はどのくらい時間がかかる?

『カラダの通知簿』は約2時間でカラダの使い方のチェックから、エクササイズをお伝えします。ですので、丸一日つぶれてしまうことはありません。

▼以前、テニスクラブでは練習の前に『カラダの通知簿』を行わせてもらった時のタイムテーブルです。

2時間なら練習前にできるしいいですね!

Aくん

 

『カラダの通知簿』の実施時間
  • 『カラダの通知簿』の実施時間は約2時間です。貴重な練習時間を削ることなく可能です!

 

『カラダの通知簿』はどのくらいの頻度でやるのがオススメ?

1回目の『カラダの通知簿』でカラダの使い方の弱点を発見し、克服するエクササイズをお伝えするので十分に効果はあると思います。それだけでなく、期間をあけてその弱点が克服できているか再度チェックすることをオススメしています。

 

カラダも、勉強と一緒でやりっぱなしは成長しません!期間をあけて、弱点が克服できているかのチェックは必須です!

 

私たちがオススメする時期はシーズン前、シーズン中、シーズン後の3回です。

 

しかしシーズン中は遠征、試合で忙しいというチームもあると思うので、シーズン前、シーズン後の2回でも効果判定できます。

2回目の『カラダの通知簿』でまだカラダの使い方に弱点がある選手は他のエクササイズメニューを伝えることもありますし、弱点が克服できている選手には強化メニューを提案することもできます。

 

『カラダの通知簿』のおすすめ回数
  • 重要なことはやりっぱなしではなく、再チェックするということです!
  • それぞれのチーム事情に合わせて、回数は決めていきます。

 

 

『カラダの通知簿』を受けて欲しい選手・チーム

『カラダの通知簿』は

  • 今怪我をしている選手
  • 昔怪我をして治ったが、今後怪我をしたくない選手
  • 怪我人が多いチーム
  • ウォーミングアップやオフシーズンのメニュー作成が分からないチーム

などに、是非受けていただきたいです。

もっとわかりやすく言うと、スポーツをする全ての人に受けて欲しいと思っています!

 

『カラダの通知簿』の料金

 

『カラダの通知簿』の料金は1回につき、選手一人あたり3,000円です。

 

単発ではなく、1年を通して受けたいというチームには年間割引なども検討していますので、お問い合わせください。

人数にもよりますが、1年間で3回受けていただけるチームは1回につき一人あたり2,500円で行うプランなども提案できます。

 

『カラダの通知簿』の料金
  • 『カラダの通知簿』は1回につき一人あたり3,000円です!

 

『カラダの通知簿』のまとめ

簡単に『カラダの通知簿』についてのまとめです。

 

『カラダの通知簿』はパフォーマンスピラミッドの土台となる基本動作に注目して、選手それぞれのカラダの使い方をチェックしていきます。

 

カラダの使い方のチェックは世界的にも使われているFMSで基本動作がでの程度できるかチェックします。

 

選手一人一人のカラダの使い方に応じて、オーダメイドで弱点克服エクササイズをお伝えします。弱点克服エクササイズは動画で簡単に復習できます!

 

『カラダの通知簿』の実施時間は約2時間です。貴重な練習時間を削ることなく可能です!

 

やりっぱなしではなく、弱点が克服できているかチェック・フォローしていきます!

 

『カラダの通知簿』の活動実績

2018年12月 WEST HILLS 様 (テニス)

12月2日のことを記事にしてくださいました!→WEST HILLS TENNIS CLIBカラダの通知簿

2019年3月 WEST HILLS 様 (テニス)

     3月 石川県立羽咋高等学校(サッカー、柔道、陸上)

     5月    バレエ団

           7月   石川県立津幡高校

 

 

メディア出演

2019年3月 北國新聞

2019年3月 FMかほく

 

お問い合わせ

  • 『カラダの通知簿』を受けてカラダのチェックしてみたい選手、親御さん
  • チームに怪我人が多くて困っている監督、コーチ

少しでも『カラダの通知簿』に興味があれば、お気軽にご連絡ください。

北陸のスポーツを愛する人の笑顔を増やす、手助けをさせてください!

お問い合わせフォーム ▶︎ コチラからお願いします。 

この記事を書いている人 - WRITER -
肩 祥平
理学療法士の国家資格を保有しております。『筋膜マニュピレーション®︎』の国際コースを2018年9月に全て修了しています。2019年4月には筋膜の解剖のために、一週間渡米します。日々アップデートする筋膜の知識・筋膜調整の技術で北陸の人の笑顔を増やしていきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 理学療法士肩のカタログ , 2018 All Rights Reserved.